【乳がん検診40代】費用は?マンモグラフィとエコーどっちがいい?

40歳になると気になるのが乳がん。

周りの知り合いが乳がんになったということを耳によくするようになりました。
さほど乳がんを意識してなかった30代の頃は子育てに忙しくて乳がん検診は後回しでした。
でもそれは単なる言い訳で乳がん検診を受診するのが怖かったんです。

乳がん検診を受けよう!と思ったきっかけは?

私の住んでいる市は40歳になる年に「乳がん検診」のお知らせのハガキが届きます。
個人検診か集団検診か選べますが、そこでも私はなかなか予約することができませんでした。
自分は大丈夫だからとか・・・自覚症状ないし・・・とか言い訳していました。

でもそんな私が乳がん検診を受けよう!と思ったきっかけは・・・

小林麻央さんでした。
乳がんの発見から闘病、小さい子供を残して死去してしまったことが大きかったです。

乳がんは早期発見が大事!

私は集団検診を予約することにしました!

乳がん検診の費用は?

乳がん検診費用は、検診内容(マンモグラフィ検診、超音波検診(エコー))や受診の方法(個人的なのか自治体なのか会社負担なのか)によって金額が違います。
私は自治体による乳がん検診にしました。
自治体による乳がん検診は、2年に一度手紙や市区町村の会報により「乳がん検診の告知」をしていることが多いです。市町村によってはインターネットで調べると掲載されていることもあるので一度検索してみて下さい。

費用は、各市区町村により異なりますが、最大で3,000円前後は自己負担になります。
全額自己負担の場合、マンモグラフィ検診5,000円前後・超音波検診3,500円前後・両方受診した場合、10000円前後になるので、まずは市区町村で受診することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です